どいて〜

今日は夕方から雷雨になったこてとわ地方

午後は大気の状態が不安定という予報でしたが
まさか 本当に雷雨になるとは…

散歩中に雨に降られたワンコも少なくなかったかも…


2年くらい前から階段を降りられなくなった小鉄

一人で降りて来くると視力が落ちているせいか踏み外したり
最後の5〜6段から飛び降りてしまったりするので
抱っこか首輪を持って ゆっくりゆっくりと降ろさせます

でも抱っこは高くなるため怖いのか 嫌がるので
支えながら降りることが多いのですが
無理やり降ろそうとすると これまた嫌がるので
先に3段くらい降りて 自ら降りてくるのを待ちます

今朝も降りて待っていると 斗和が途中で止まってしまったため
c0123890_13272811.jpg
降りてきた こっちゃん 斗和のお腹の下にスローイン
c0123890_13273452.jpg
若い時なら手前で止まれましたが 今は止まれません

よくある光景なのですが 
いつもはスマホを持ってなかったので撮れませんでしたが
今日はスマホを持っていたので斗和に「待て」をかけて撮影

c0123890_13274214.jpg
でも我慢できない小鉄が動いたので撮影はここまで


すぐに小鉄の首輪を持ち 一段下を歩いて
ゆっくりゆっくり降ろしました


油断すると日に何度もマジ喧嘩勃発しますが
こんな風に 支えることも

斗和のお腹の下に他の犬が入ろうものなら
マジ切れしますからね


by kotetsu-towa | 2018-10-20 19:10 | 老い | Comments(2)
Commented by hamasumi-life at 2018-10-20 20:57
ズカズカ我が道を進む小鉄くん、
スローインしちゃったんですね(笑)
そして斗和くん、こういう時は怒らないんですね〜、えらい♪
この二人の光景は、とてもとても微笑ましくて和みます^^
 
ブログのお友達のところでも、
前にしか進めなくなったワンちゃんが
同居犬のお腹の下にスローインして
どちらも譲らない(笑)というお話がありました^^
 
シニアあるあるですね♪
Commented by kotetsu-towa at 2018-10-21 19:36
> hamasumi-lifeさん
ズカズカというより止まれないんです(^^;;

そしてこういう時は斗和も小鉄が動くのを待ってくれるので助かります

親子という実感は無いようですが 同居している仲間という意識は高いんだと思います


痴呆が進むと 前進あるのみ!になりますが
小鉄は今はまだ下がることできるので大丈夫ですが
これらは斗和の優しさに助けてもらうことが増えると思います


<< 久々にランゾウさんへ 寂しい散歩 >>