酷暑のドッグラン

今日も殺人的な暑さだったこてとわ地方

自然現象なので仕方ないですが この暑さ…
本当にそろそろ落ち着いてくれないと辛過ぎ

我が職場は肉体労働なので 救急搬送…と酷くはないものの
かなりの人が不調を訴え倒れています

そんな暑い中…バテバテなのでゆっくりすれば…と言われそうですが
ランゾウさんで行われていた猫の譲渡会に行って来ました

小鉄を自転車に乗せて行ったので
c0123890_16253453.jpg
ドッグランに寄り道
c0123890_16253885.jpg

木が多く 比較的涼しいランですが
37度ある15時に利用する子なんているわけもなく
c0123890_16254296.jpg
どのエリアも空っぽで
c0123890_16254555.jpg
こっちゃん貸切でのんびり
c0123890_16255404.jpg
ドッグランができて13年…
随分と木が少なくなりました

c0123890_16261959.jpg
夏に行われる猫のバザーは春秋のバザーとは違い
とても静かです
c0123890_16262468.jpg
自転車に乗せて行っているとはいえ
あまりの暑さなので
帰宅後はあまり水分を取らない小鉄にはヨーグルトを混ぜて水分補給させました

酷暑だったにもかかわらず猫に会いに来てくださっていた方がいました

一匹でも多く新しい家族に迎えられますように


==============追悼===========

ボビン家の大切な家族だったロンが旅立ってしまいました

ロンは2006年に生まれましたが
2011年身勝手な理由で飼い主に保健所に持ち込まれたところを
シェルティレスキューにより助けられ2011年9月ボビン家へ
c0123890_19271166.jpg
幸せに暮らしていましたが
2015年春にボビン母さんが
ロンの異変に気付き受診した結果
直腸に腫瘍が見つかり手術

再発転移の可能性が高い腫瘍だったけど
ボビン母さんの細かい観察により早期発見し
また先生にも恵まれ完璧な手術をしてもらい
心配された再発転移もなく
2016年7月にはドックカフェを貸し切り盛大に快気祝いをしました

その後も定期的に受診し再発転移のチェックを欠かさずでしたが
昨年末に前立腺癌に…

犬の場合 早期発見でも前立腺は手術はできないそうで
その時点で余命宣告されていました
c0123890_18200087.jpg
でも4月にはワンクルさんでみんなで12歳のお祝いをし
奇跡…とまではいかなくても13歳のお誕生日もみんなで…と思っていたのに…


この酷暑も命を縮めてしまったのかもしれません

ロン〜辛い時間が短かったのは良かったのかもしれないけど
早すぎだよ


by kotetsu-towa | 2018-08-05 19:43 | 里親会 | Comments(4)
Commented by tumuji-azu at 2018-08-06 16:06
危険な夏 こてとわ家の皆さん大丈夫ですかー?
息もできない感じですね
我が会社の倉庫もサウナです!!!
食べて 水分塩分摂って お風呂に(湯船)につかって 充分な睡眠とって乗り切って下さいね!
こっちゃん 斗和ちゃん 無理しちゃだめよ~!

ロンちゃんのご冥福お祈りします。
Commented by ボビンの母 at 2018-08-06 20:59 x
ロンのことを知らせてくれて、ありがとう。
徐々に体力が落ちてはいました。
水曜からオムツ王子になっていたけれど、しばらくこの状態が続くと思っていたから、突然のことに、悲しいとか思う余裕がなくただあわただしく時間が過ぎました。
痛いとか不快な思いを避けたのは、ロンの美学と思うことにします。ロンは人間みたいなところのあるこだったからね。

この夏が例年くらいの暑さだったら、もう少し元気でいられたかもしれないと思うと、こっちゃんも含めシニアのわんこは上手く乗り切ってほしいと願っています。
こっちゃ~ん、頑張るんだよ!
Commented by kotetsu-towa at 2018-08-07 08:01
> tumuji-azuさん
この夏は酷暑か台風という 本当におかしく危険です!

私もサウナ状態のところで配達の準備をし その後 40度の酷暑の下の配達なので
身の危険を何度も感じました

その都度 対処法を変えて乗り越えていましたが
今後は体の疲れもあるのでより一層注意します

ロンへのお悔やみ ありがとうございます
最初の飼い主に殺されそうになりましたが
レスキューされてからの日々は幸せそのものでした

ただただ早すぎた…
Commented by kotetsu-towa at 2018-08-07 08:11
> ボビンの母さん
ロンこと本当に残念です

余命宣告をされていたけど 元気なロンの姿を見ていて
13歳のお誕生日も迎えられると思ってました

最初の飼い主に殺されそうになりましたが
あのまま飼われていたら ロンは最初の病気になった時に
適切な治療どころか緩和治療もしてもらえず 苦しんだと思うので
捨ててもらって良かった

ボビン家の家族になったことで
適切な治療はもちろん 沢山の人に愛され
愛に包まれて旅立てた

でも もう少し…頑張って欲しかった
けど…キレイなロンの最期の姿は ボビン母さんが言う通りロンの美学だったのかもしれません

斗和はともかく 小鉄の体力低下は進んでいるので
せめてゆっくり進むようにケアしていきます

涼しくなって落ち着いたらロンの話でもしながら
ランチでもしましょう!


<< 極端な天気 小鉄のじゃないよ〜 >>